MY BIKE(temporary completion)

店主のBRUNOミニヴェロ20ロード・ ドロップが暫定的(まだ、いじりたい!)に完成しました。

P3280001カラーはRUST GREEN、サイズは一番大きい540mmです。

何かと雑務が多いので、好き勝手にいじりまくる訳にもいかず、「まあこんな感じ的」にして手を引きました(笑)。

まずは、標準のハンminivelo20_roaddrop-l10ドルレストとギネットレバーを外し、サブレバー付きの復刻版ダイア コンペDC-165EXブレーキレバー(¥5000+tax)を装着。

結局は同じことなんですがね。つけてみたかったのです。

 

P3280003そして付属の茶の綿バーテープは昔ながらの「セラックニス仕上げ&ヘンプ巻き」で仕上げました。

セラック(シュラック)ニスはラックカイガラ虫という小さな虫の分泌物を主成分とした有機塗料で古くから楽器の塗料などとして使われており、ヨーロッパの自転車工房では綿のテープに塗られていたのです。

 

天然の成分が主体なのでニスの匂いがきつくないです。数十分で乾くので、休日の今日は雪割りをしながら、4回に分けて塗り重ねました。

ヘンプ巻きはその名の通り麻ひもを使ってバーテープの巻き終わりをテープの代わりとして巻きつけ、セラックニスで一緒に固めてしまうというクラシカルな手法です。巻き始めのひもも巻き終わりのひもも巻の中に入れて締め付けるという覚えると単純なものです。丁度、手芸のひも通しの細いやつがあると簡単にできます。

雨に強い、緩まない、そしてなによりもグリップ感がしっかりします。

バーエンドキャップはOld Newお得意の「ワインコルク」!!

P3280006

P3280004P3280008

オールドストックのアルミボトルとグリーンのゼファールのインフレーターを装備。いつでも冒険者になれます。アクセントに三ヶ島シルバンツーリングペダル(¥3,300+tax)を。ブルックスのB-17革サドル(エイジド仕上げ)は標準です。勿論例の「アルテグラXT」もついています(笑)。

店主の足として、そして試乗も可能にしようかと…。

遊び心でOld New!

P3280005

 

 

 

 

 

One for two or replacement

先日組み上げた店主用のBRUNOミニヴェロ20ロード・ドロップ。クラシックな佇まいに8×2の16段変速。散策自転車には十分なスペックかと…。

ただどうしても昔取った杵柄(笑)! ノーマルでも変速性能も十分なのに、クラシックなBRUNOにはシルバーのベカベカ光るパーツが欲しくなるOld New。

kaeru-market_4524667601456ステムに奢られたダブルレバーで制御されるリアメカはシマノTourney-TX。昔からは考えられないくらいのシフトフィールとコストパフォーマンス。

でもベカベカパーツ付けたい…。

パーツのストック戸棚から出てきたのはロード用パーツのシマノのアルテグラのリアメカ。「RD-6500SS」15,6年前のパーツでしょうか。当時は9速としてロードバイクに使用してましたが、シマノのマニュアルには(9-speed or 8speed)と明記されています。

001_635886379816549992こいつです。ただ問題が一つ。このリアメカ、使用できる最大スプロケットが27T(一番大きい軽いギアが27のギザギザ歯)。BRUNOは最大ギアが30T。

まだ眠っている8速のリアメカを探します…。

出てきましたシマノのマウンテンバイクのリアメカ、デオーレX「(RD-M739)」2個ありました。これはさらに古い20年くらい前のパーツでしょうか?程度の良い方を利用して後ろの大きいギアにも対応できる「ベカベカ」を作ることにしました。

変速機の上下の歯車(プーリー)をつなぐ部品「ケージ」はマウンテン用の方が長いのので、二個一(にこいち)にします。

XTから外した長いケージをアルテグラに移植します。

可動部に入るバネが見えると思いますが、ロード用のアルテグラのバネ力は強く逆に動きが渋くなったのでバネもXTのものを移植しました。

こだわってプーリーはアルテグラを移植。

正直言うと当時のアルテグラにはケージの長いタイプもあったのですが、当店のストックにはなかったもので……。

 

 

 

はい、できました「アルテグラXT」しっかり可動変速できました。オリジナルのアルテグラの長いケージバージョンより形に味があります。

せっかくなのでアルテグラの短い方のケージをXTに組み付けて「XTショートケージ」も作ったので二個一(One for two) でなく、入れ替え( replacement)になったのかもしれません。

 

 

コイツもいつか出番を待ってます。(上:ノーマル。下:ショートケージ)

面倒なこだわりもOld Newかと。

IMG_3580 続きを読む

BRUNO始めます

スイスのプライドと哲学……。BRUNO(ブルーノ)BIKEの取扱いを始めます。

旅だったり散歩だったりと用途に合わせたラインナップ、そして初心者にも優しいストップ&ゴーが容易な安定したフレーム設計そしてパーツセレクト。

 

Old New的にはその上質なクロモリを中心としたクラシックに特化したプロデュースにカスタマイズの可能性を感じずにいられません。自分用のバイクを組みながらニヤニヤです。

minivelo20_roaddrop-l1minivelo20_roaddrop-l2ミニヴェロ20ロード・ドロップ(RUST GRN・PETER)86,000円(税抜き)

ブルックスB-17サドル標準

ギネットレバーが雰囲気!

店主もコレ乗ります!

minivelo20_roaddrop-l10

700Cツーリング・ドロップ(G.BLUE・ASH)68,000円(税抜き)

旅に出たくなる現代版スポルティーフ。カンチブレーキに標準装備のメッキフェンダーがいいですね。小さいフレームサイズはトップチューブ(上のフレームパイプ)がベンドしてます。

700c_tourdrop-l2 700c_tourdrop-l6 minivelo_flat-l3ミニベロ20フラット(SAKURA・EMERALD)54,000円(税抜き)今回の入荷の中では唯一のアルミフレームモデルですが、フレームワークの美しさ9.7Kg(カタログ値)という軽さに脱帽します。キック・スタンド標準です。

 

minivelo_flat-l1                           minivelo_flatblk-l1ミニベロ20フラットのブラックエディション です。価格は据え置き。可能性感じますね。おしゃれに乗って欲しい一台です。minivelo_flat-l5

ミニベロ20ロード及び700Cツーリングについては各色各サイズ入荷済みです。サイズによっては設定のない色もございます。(※ミニベロ20フラットはASH・GRNも設定あります。)

詳しくはHOMEのサイドバーのBRUNOをクリック」して公式HPにてスペック等をご確認ください。

春が来ますよ!Old New!!

 

rocogowa

rocogowa「ロコゴワ」です。

自転車に乗る女性の「あったらいいな」を叶えるため。東京の下町墨田区に本拠を置くお洒落自転車アパレル集団「CCP」の協力のもと、2011年から商品開発をしている日本製にこだわった日本ブランドです。P3180049

 

これは使えそう、的なカジュアル自転車向けカットソーやスカートなどなどOld Newも興味津々なのです。手始めに「ロコ手ぬぐい」とってみました。

 

P3180048

注染め(明治時代から続く裏表がないしっかりとした染めの技法です)発祥の地と言われる大阪は堺の石津川沿いにある創業60年の染屋さんで手染めをしています。染め型はロコゴワオリジナルを職人さんが手彫りしているという凝りよう。

手ぬぐいの伝統的な柄、豆絞りはドット柄のように見えますが、実は不揃いの豆柄たちが縦に横につながっています。「子孫繁栄、子供たちが何代もつながっていきますように」との思いが込められているそうです。

そして豆たちに自転車の車輪までもをつなげたデザインになってます。

P3180050

 

・36Cm×95Cm

・100%綿(特岡)←浴衣などにも使われる手ぬぐい生地

・注染め日本製

 

P3180046

豆山吹・豆桃・豆若葉・豆橙・豆天の全5色。1200円(税別)入荷済みです。

自分も欲しいと企むOld Newでした。

Spring of this year is never forgot.

そう、インフルエンザ明けの初外出がこんなことになるなんて夢にも思わなかった。

とっても大切なヒトが空の星になりました。

 

「修 光 輪 音 居 士」なんて素敵な戒名でしょう。

90年代から……彼のショップ、そして彼から沢山のBIKE情報、ファッション、音楽、酒…etc

 

 

そして何よりも、「とてもさりげないんだけども深~い優しさ」を教えていただきました。同性として、その全てがカッコ良すぎて、いつもノックダウン&リスペクトでした。

 

P3170043これ、20年位前かな?マングース熱を語ってたら、マングース本社でもらったって言って「やる!」って突然くれたっけ。⇒

 

 

 

 

 

 

ショップ見せれずごめんなさい。生かされている私は今日から前に進みます。

取り扱いバイク増やしたよ「BRUNO」、明日辺り一気に入荷するからドキドキなんですよ、店舗ももう少ししたらできるからね。

 

昨日から天気良くて、気温も高くて空が青いんですよ、残ってる雪割りしながらガレージ開けて、ボディーカバー剥がして、今年初めてVWのエンジンかけたんですよ。

初めて会った時ワイン色のVWのtype4ファーストバックに乗ってましたよね。

 

Old Newにもたま~にあなたの「光」を照らしてください。

永遠の憧れ「SAM’S BIKE」 松浦 修様

「Old New」 代表 中村 トモオ

ごめんなさい

最近喉の奥がイガイガすると思ってたら、実は定休日の火曜の夜より発熱し見事人生初のインフルエンザAとの診断。今日になりカミさんも同じく人生初をメイク。

大変申し訳ありません。管理不行き届き。

 

つきましては次の営業は定休明け、15日(火)からとさせて頂きたくお願い申し上げます。

自分自身かなりパンクしそうな精神状態だったので、免疫もたいそう弱っていたのでしょう。

Old  Newはまだまだ出航したばかり、気合いを入れ直して、ご期待いただいております皆様の気持ちに添えるよう漕いでいきます!

 

電話・メールにてのお問い合わせは勿論対応できますのでどうぞよろしく。

なお、あまり意味がありませんが本日10日より夏期営業となっております

おちゃー

何だかこの間アルコールの話をしたばかりですが、禁酒3日目。少し調子もいいのでPCの前で緑茶をがぶ飲みしているOld Newでした。

See you tomorrow.

P3040035「ま~た明日…」なんて子供の頃は毎日たわいもなく言ってましたが、何だか今は重いですねこの言葉が。することはいろいろある中で、いいベースを構えることのできない辛さが身にしみてきます。

 

←ただそれだけです。今日も今日の仕事をして時間がくれば、使うアルコール成分が変わる(L~R笑)。

思えば10数年前、この後ろにある1974年製「フォルククスワーゲンtype 1 1303s」(通称ビートルですね)を解体寸前で1万円で買ったのが何かの縁だったのか…。

もともと、何でも古いものが好きだったせいもあり、当時は「アメリカンシネマを気取ってボロボロのまま乗り倒せばカッコいいかな」ぐらいに思っていたものの、お世話になっているショップで機関まわり、足回りなどを直してもらったり、やれオーディオだタコメターだと自分でもDIYをするうち、冬も酷使されたボディがサビて醜く朽ちていくのが辛くなってしまたのです。

映画「フットルース」で主人公レン(ケビン・ベーコン)が乗っていていたちょっぴりヤレた黄色のビートル…その最初の理想と裏腹に「こいつを元の姿に戻すとともに自分なりのアレンジで個性を出して現代の1974車にしよう」と……。

板金塗装こそお金が掛かりましたが、知識や仲間という掛け替えのないものが、古いこいつを通して新しくやってきました。ビートルもそうですが、自転車も今やレプリカや再発と称して昔ながらのパーツが新品で手に入ったりします。

そしてフレームの形、素材も昔と同じような新車が用意されているのが素晴らしいところ。

レストアでなくとも、いかにも昔ながらの移動や散歩のため、仕事のためのバイクが作れちゃいます。(どっちも好きですが)

まさにOld New! さあ、 元気を出してSee you tomorrow!P3040034