お願い

御陰さまで、4・5月と多くの方と出会い、自転車を納車させていただきました。感謝です。

TOKYOBIKEを今シーズンより引き継いだので、既存のユーザーさんの来店も増えました。

雑感ですが、自転車買って、乗って、そのままの方が多すぎます。自転車には消耗品もありますし、汚れたら少しはウエスできれいにするなりしてあげましょう。水ぶきと乾拭きだけで構いません。注油は基本チェーンだけで構いませんが、あまり強いオイルをべったりだと、ホコリを吸ったり、パンツの裾が汚れます。

当店でお買い上げの自転車は店主が生きている限りw永年点検整備は無料です。ご近所の方はもちろん、空気はどんな自転車でも無料で入れてます。

TOKYOBIKEの既存のユーザーさんに関してもできるだけ同じスタンスで動いているつもりです。

どんな自転車も自転車です。大切にする気持ちと少しの時間があれば、思いのほかよみがえります。決して敷居の高いバイクショップではありませんので、どうか有効に当店を活用していただけると幸いです。あと、カスタムのご相談は大好物です。

気軽に自転車の話をしようじゃないですか! Yes Old New!!

 

深夜考

独り夜になると、特に酒飲んでると馬鹿なこと、とりとめのないことを考え続ける店主。

こんな時間に飲みきっちゃった…。

風呂敷を広げて間もなく2年、沢山の出会いと家族や気のおけない友人たちのおかげでOld Newは進行しております。

あ、別にかっこいい事言いたいわけじゃないんですが、大きなことは言えないけれどOld Newを通してかかわり合いのある人たちのために自分が出来ることを身の丈でしたいな、と、それが何かも解らないけども。

問題は山積み、だけど日々の小さな難題も生きている証であり、いち自転車屋としてのお客様に対する答えだったり、課題かと…。

1972年、店主5歳の頃、井上陽水はもしかしたらこんな気持ちもこの唄に込めたのかな……。ネットサーフしてたらUAがこの曲カバーしててやばかったんで。(ポジティブに捉えてください。難しいけどw)

また今日も明日も自転車の話をしようじゃないですか。 Old New

覚えてたぜBOSS

どんな人間も人生の中で「BOSS」と呼んでいる、または呼んでいた友人や恩師が数人いるのではないでしょうか?

 

社会人となり荒んだ生活を送っていた店主にもう一度自転車に乗る機会を与えてくれたのもそんなBOSSと呼べる人間でした。

そう、BOSSとは場末のバーのカウンターで知り合った。時にやさしく、時に厳しく、でも他人思いのクレイジーな大人…マウンテンバイクを買わされw学生時代のようにまたもや、いやそれ以上に深く自転車にのめりこんだのはBOSSのお陰。

5年間も癌を引きずりながらも、最後に一緒に走ったのは去年の10月中旬、その後も当店の事を気にかけしょっちゅう寄ってくれて、でもそれから2週間ほど後の去年の今日、BOSSは星になって行ってしまいました。

かのジョン・レノンは生前「ロックンローラーには二つのタイプがいる。地獄に向かうタイプと天国に向かうタイプだ」と言っていたそうだ。

BOSSあなたは天国に向かうタイプでした。でもロックンローラーでなくレゲエシンガーの種族だったね(笑)。

 

ムーさん…あなたのFメカをお守りに、俺は今日も自転車店「Old New」にいるよ。