26ER vol.2

先日O氏のMTBを作った後に立て続けに、そして奇跡的に同じ90年代前半のMade in USAが入庫致しました。

その昔、友人に「中山忍は奇跡だっ!」と言い放たれ、「いやいや奇跡は中山美穂でしょ」と心の中で呟いていましたが…まあそんな感じの2ショットです。

13327420_232442777141146_4094011992567829798_n

名車BALANCEの「AL-150」と「AL-450」という兄弟車。方や北海道のとある地方都市の某有名店で購入したバイク、方や個人輸入にて入手したバイクであり、共にワンオーナ車そして共にパープルのグラデーションという奇跡に興奮したOld Newでした。

最初にカスタマーとなるのはAL-150のオーナーK氏。しばらくこのバイクから離れていたものの、改めてマウンテンバイクに跨りたくなり、実家からここ札幌まで運んだということで…。

いつものビフォー写真↓

13346531_1085587984845684_7214003772664673362_n

シマノのアセラ3×7段変速にダイアコンペのカンチブレーキ使用。 プラスしてセライタリアの「turbo」やフレームカラーに合わせたパープルアルマイトのライザーバーやペダルはカスタマイズし大切に乗っていた証拠。

今回は、最初は山の中を走れるMTBらしいバイクにリメイクという話から始まり、いややはり近所も乗りたいし、ちょっとしたダートも、そして何か当時のプレイバイク風に…などなどK氏との何度かの打ち合わせ、何杯かのコーヒーをすすった末にテーマが出来上がりました。「26インチクルーザー」そう26インチBMXです。(サブテーマは「ナウでヤングな雰囲気」です)

P6260023

今回もデッドストックのタイヤがキーを握ることになりました。フロントは当時DH用タイヤとしては初めての国内プロデュース「Dirt BrosⅠ 26×2.35」リアはカリフォルニアであのゲイリー・フィッシャー氏と一緒に山遊びをしていたことでも知られるトム・リッチー氏の「リッチーZ-MAX 26×2.0」ダウンヒルタイヤとクロカンタイヤのコラボです。

舗装路をブロックタイヤでという考え方はMTBへのリスペクトでもあり、大人になった今、そんなにスピードがでなくても、ださなくても楽しいことがわかった(車もです)事への感謝からです。もちろんテーマが違えばMTBでもスリックタイヤも許せちゃうOld Newではありますが。

P6260022

P6260021個性的なもの、外しのセンスが好きなK氏のリクエストはグリップの色指定やヤレた部分はあえてそのままでということ、そしてできるだけシンプルにとのことでした。

80’sさながらのグリーンのグリップをセレクトしました、リペイントはしませんでした。ハイトの低めのBMXバーが本気っぽくないですがバランスは良しです。このままいくと1×1のシングルスピードってなるのですが、ちょっとだけひねりを入れるのがOld Newです。

 

 

フロントギアは当時もののデオーレLXのクランクにシングルで50Tという大きめのチョイス。そしてリアは、お宝とも言えるTA社のアルミ9スピードカセットを惜しげもなく削り17~21Tのクロスした4枚のギアのみを残し、ロード用のシフターとデオーレXT改ショートケージリアディレーラーで制御。1×4の26インチクルーザーへと仕上げました。

P6260027P6260024

P6260025

 

塗装が剥げた部分は指定通りヤレたままで残し、当時もののお宝トロイ・リー・デザインズのチドリは入庫時からついていたもの。実は初めて見たOld Newでした。

2000年を過ぎてからのパーツもありながら時代考証感はいい仕上がりになりました。黄色の「アボセットO2チタンレールサドル」はOld Newからのささやかなプレゼント。

 

できることなら彼の地サンフランシスコに持って行って海岸にこっそり佇ませたい衝動にかられたOld newでした。

P626003113226720_10154645358291490_1056205616291341590_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26ER

え?何を今更ですか?26インチオールドMTB(マウンテンバイク)いいです。やはり街にはちょうどいいコミューターであります。

何を言いたいかというとカスタマーであり旧知の仲であるO氏の「イッヒヒMTB」が出来上がりました。シティーコミューターなのにブロックタイヤなのは偶然出てきた2本のNOS(New Old Stock)アメサイド(スキンサイド)ブロックタイヤとMTBそのものへのリスペクトです。

まさに「オールドスクール、バットニュー」的なバイクになりました。

P6070009邪道かもしれませんが、伸びたチェーンをギリギリのコマでつなぎ、テンショナーなしのシングルに。時代考証はVブレーキ出たてのパーツでまとめ上げました。

P6070011ワインバーオーナーのO氏のバイクはいつもOld newの得意技ワインコルクでバーエンドを栓?します。

シマノのブレーキレバーは約半分ちょんぎってグラインダーで仕上げ、人差し指一本のワンフィンガー仕様に。

当時からあるODI社のツバ付きロンググリップにAZONIC社のライザーバー&ステム。

 

P6070013P6070015

 

フロントのMAXXISのタイヤのグリーンに合わせしつこくグリーン責め。多少の野暮ったさがオールドスクールです。フェイクレザーをヘンプ巻きしたトップチューブパットはサービス。

勝手知ったるOld New,とても楽しかったのです。

昨日来店のO氏…「おっ、なかなかいいね~~イヒヒ~!あ、これ、これシロね、白、ソービニヨンブラン!冷やして飲んでイッヒヒヒ!!」

ご心配なく、しっかりお代もいただいたOld newでした。

P6070018

 

 

 

 

 

 

By the stance which doesn’t change

気がついたら6月。店舗のことでお客様や友人、はたまた取引先様にまで心配されてますが、ケリは付けます。そして早くもっと沢山のお客様とお話がしたいです。

先週のこと、ガレージ権店舗を開けて作業していると、何やら見覚えのあるスマートで真っ赤なボディのVWポロが横付け…。パパチャリを依頼しOld Newのきっかけを作ってくれた20年来の旧友、ワインバーオーナーのO氏。

 

「トモオちゃん、これさー蕎麦屋(やはり20年来の飲み仲間なぜかO氏と共通の友人)の息子が使わなくなったらしくて貰ってきたのよ!イッヒヒ」

13262415_964161427014551_1484164749_o……O兄貴これをどうすれっていうのです?!

「テキトーに任すから、うーんシングルギアのちょっと軽やかな感じ、ね、ね、イヒヒヒ」

「シートポストは曲がってるから変えてよ。サドルとペダルは後で家から持ってくるわ、アップバーがいいなぁ」

後日サドルとペダルと一緒にシャンパンを持ってまた来店。シートポスト代を払いながら一言。

「あ、家にあった安物シャンパンだから気にしないで飲んで、イッヒヒ!!じゃっ、じゃぁね!」

6歳上、実の兄と同い年のO氏はお洒落で格好良くって趣味も合う憧れの人。 でも時に、この「イッヒヒ」に騙されちゃうOld New…憎めないなぁ…。やりますよもちろんO兄貴。

まずはバラして、アップハンドルがいいというのでヘッドパーツをグリスアップしながら、ステムトとアップハンを適当にジャンク箱からチョイス。あ、ロゴの「SPEED NIPPON」知る人ぞ知る、この丸石自転車OEMのフレームについてはまた後日、いや、もしくは触れないでおくかもしれません。

P5310013

今回あえてこだわったのは、NOS(未使用の旧パーツ)のマウンテンバイクタイヤ2本。

P5310016名作スペシャライズド・グラウンドコントロールⅡと黎明期のマキシスコブラ、この2本からイメージを膨らますことにしました。                                                                                    ホイールを磨きながらリアは多段からシングルに変更。ゴリゴリだったハブは初めての「SIM GREASE」の餌食となり復活。

P6010001P6010002P6010007

ちょっとノって来たのでまたゴソゴソ、4アーム初期のシマノデオーレLX(メイドインジャパン!)を見つけ出しアウターギアのみにし、ちょい磨き&センターギアの穴にはステンのナットでピアッシング。

P6010006

あまり力まずにOld New的懐かしシングルマウンテンバイク作ります。

任せられるとイッヒヒなOld New!さてさてどうなることやら。

P5310017

 

 

 

 

 

Bullet Lighting 取り扱い始めます!!

そう、入荷しました。バイクショップを始めたら絶対に扱いたいと思っていた、遠く四国は徳島県「RINDOU BIKES」さんのオリジナル超素敵ライト「Bullet Righting」。

届いた状態で、まず萌えました。

P4260008

カッチョいい!素敵。箱だけでヤられるOld newです。

P4260011検品がてらひと箱開封。USB充電ケーブルとマウントベルト付きの本体登場。このままハンドルバー(フロント)シートポスト(リア)につけるも良し。

でもまってください!

 

P4260012

 

3mmのヘックスレンチでマウントベルトが取れます。

 

 

 

P4260013

そこに登場するのはこれまた削り出しが美しい「CNC Mount」(¥600 +tax)今度は4mmのヘックスレンチで本体とマウントをドッキング。

 

 

P4260015

ああ、また萌えちゃうOld New。左上がベントステイ、右下がストレートステイ(各¥400 +tax)

P4260016P4260017

ステイを使わず、直接フレームのダボ穴にも当然有り。説明はいらないですね。詳しくはHOME画面のRINDOUさんのロゴをクリックすると「Bullet Righting」のページにジャンプします。様々な取付例もご覧になれます。

本体は¥5,000 +taxです。今回はシルバーのみの入荷ですが本体、マウントともにブラックもあります。お気軽にお問い合わせください。

可能性が膨らむのがカスタムパーツ Old New。

P4260018

 

 

 

 

 

K氏のBSM-179

忘れてたわけではありません。ちゃんとやっておりました。カスタマーK氏のBSモールトン179です。

P4140006

Old Newお馴染みのスタイルではございますが、ハブやヘッドのグリスアップ。BB(ボトム・ブラケット。クランクの軸です)交換、チェーン交換やら前後サスペンションの分解、もちろんワイヤー交換と一通りのリフレッシュでスッキリとした感じです。

P4140004105のクランクはポリッシュ、チェーンガードは穴あけでおしゃれに、リアキャリアは、サビがひどくて塗装を削ってフィニッシュしたフロントフォークに合わせて、これまた塗装を剥ぎました。

K氏持ち込みのデュラ・エースのリアメカと、純正から取り替えたシュワルベのタイヤ「コジャック」がちょっぴりやる気を感じさせます。

 

P4140002パーツはNITTO 302AAハンドルバー

ブルックスのバネ付き「FRYER」のカラーはハニー・合わせて同「スレンダー・レザーグリップ」のハニー。

元々ポンプのついていたヘッドチューブ裏側にはボトルケージを付けました。ゼファールの「パルス」です。

ペダルに三ヶ島「シルバン・ツーリング」、ブレーキレバーはアイアコンペの復刻版「DC135」

VIVAのアルミベルのグリーンと砲弾型LEDライトで小粋に!

リアキャリアにお洒落なコンテナバスケットをつけてなんて素敵ですね。

遠いところを何度も足を運んでいただいたK氏に感謝です。

P4140005

そして、K氏との会話から、きっと奥様のバイクになると予想するOld Newでした。

alohaloco + Old New

alohalocoの「Kailua」(サイズ:450mm/150cm~ カラー:パステルグリーン)を使用しOld New的カスタムをしてみました。

目指すは古い英国の実用車、「ロードスター」なんて呼ばれ方をされていたそうです。

全体にまずはカラダの触れる部分、ハンドルまわり、サドルを変更。

P4100030お馴染み「ブルックスB-17スタンダード」今回はブラウン。パステル系のフレームを強めの色で引き締めます。

 

 

 

 

P4100027ハンドルバーは定番NITTOから「B617AA」ライズのないゆったりとしたU字型バーです。

今回も綿のバーテープを巻きヘンプではなくタコ糸仕上げでセラックニスフィニッシュ。

ブレーキレバーはハンドルのカーブに合わせダイアコンペのロード用80’sのオールドストックをチョイス。

 

 

ワンポイントに後ろカゴやバッグ、子乗せにも対応できるキャリアを装着、忘れちゃいけないalohalocoオリジナル砲弾ライトも!これらで「ロードスター」感を演出。

P4100031

P4100025

出来ました。こんな具合です。じっくりご覧下さい。(※撮影のため反射板・ペダルが付いておりません)

P4100028P4100035

P4100033

このバイクはカスタム済みでの販売となりますので、お得なプライス設定にします。バイクについての質問はご一報ください。

ワークバイク的なカスタマイズ Old New

P4100039

 

 

昭和レトロ

とてもOld Newな逸品を入手しました。

乾電池式のベル「ナショナルNL-530」なるものです。

P4020015

 

 

 

 

単2電池1個で作動、ハンドル取り付けのブラケット付属、箱入り当時もの。

完璧なNOS(New Old Stock)でございます。もちろん全て可動品!!

ボタン部分を横プッシュ(押し込むような感じ)で通電し、その音はクラシックな目覚まし時計のベル音そのものです。

P4020016

若干の個体差があるので、一応価格応談とさせていただきますが、これが似合う自転車には格安とさせていただきたいとも考えるOld Newでした。ぜひお問い合わせください。

最近は80’sモノのブレーキレバーやサドルも収集しております。

昭和レトロもOld New

P4020017

MY BIKE(temporary completion)

店主のBRUNOミニヴェロ20ロード・ ドロップが暫定的(まだ、いじりたい!)に完成しました。

P3280001カラーはRUST GREEN、サイズは一番大きい540mmです。

何かと雑務が多いので、好き勝手にいじりまくる訳にもいかず、「まあこんな感じ的」にして手を引きました(笑)。

まずは、標準のハンminivelo20_roaddrop-l10ドルレストとギネットレバーを外し、サブレバー付きの復刻版ダイア コンペDC-165EXブレーキレバー(¥5000+tax)を装着。

結局は同じことなんですがね。つけてみたかったのです。

 

P3280003そして付属の茶の綿バーテープは昔ながらの「セラックニス仕上げ&ヘンプ巻き」で仕上げました。

セラック(シュラック)ニスはラックカイガラ虫という小さな虫の分泌物を主成分とした有機塗料で古くから楽器の塗料などとして使われており、ヨーロッパの自転車工房では綿のテープに塗られていたのです。

 

天然の成分が主体なのでニスの匂いがきつくないです。数十分で乾くので、休日の今日は雪割りをしながら、4回に分けて塗り重ねました。

ヘンプ巻きはその名の通り麻ひもを使ってバーテープの巻き終わりをテープの代わりとして巻きつけ、セラックニスで一緒に固めてしまうというクラシカルな手法です。巻き始めのひもも巻き終わりのひもも巻の中に入れて締め付けるという覚えると単純なものです。丁度、手芸のひも通しの細いやつがあると簡単にできます。

雨に強い、緩まない、そしてなによりもグリップ感がしっかりします。

バーエンドキャップはOld Newお得意の「ワインコルク」!!

P3280006

P3280004P3280008

オールドストックのアルミボトルとグリーンのゼファールのインフレーターを装備。いつでも冒険者になれます。アクセントに三ヶ島シルバンツーリングペダル(¥3,300+tax)を。ブルックスのB-17革サドル(エイジド仕上げ)は標準です。勿論例の「アルテグラXT」もついています(笑)。

店主の足として、そして試乗も可能にしようかと…。

遊び心でOld New!

P3280005

 

 

 

 

 

One for two or replacement

先日組み上げた店主用のBRUNOミニヴェロ20ロード・ドロップ。クラシックな佇まいに8×2の16段変速。散策自転車には十分なスペックかと…。

ただどうしても昔取った杵柄(笑)! ノーマルでも変速性能も十分なのに、クラシックなBRUNOにはシルバーのベカベカ光るパーツが欲しくなるOld New。

kaeru-market_4524667601456ステムに奢られたダブルレバーで制御されるリアメカはシマノTourney-TX。昔からは考えられないくらいのシフトフィールとコストパフォーマンス。

でもベカベカパーツ付けたい…。

パーツのストック戸棚から出てきたのはロード用パーツのシマノのアルテグラのリアメカ。「RD-6500SS」15,6年前のパーツでしょうか。当時は9速としてロードバイクに使用してましたが、シマノのマニュアルには(9-speed or 8speed)と明記されています。

001_635886379816549992こいつです。ただ問題が一つ。このリアメカ、使用できる最大スプロケットが27T(一番大きい軽いギアが27のギザギザ歯)。BRUNOは最大ギアが30T。

まだ眠っている8速のリアメカを探します…。

出てきましたシマノのマウンテンバイクのリアメカ、デオーレX「(RD-M739)」2個ありました。これはさらに古い20年くらい前のパーツでしょうか?程度の良い方を利用して後ろの大きいギアにも対応できる「ベカベカ」を作ることにしました。

変速機の上下の歯車(プーリー)をつなぐ部品「ケージ」はマウンテン用の方が長いのので、二個一(にこいち)にします。

XTから外した長いケージをアルテグラに移植します。

可動部に入るバネが見えると思いますが、ロード用のアルテグラのバネ力は強く逆に動きが渋くなったのでバネもXTのものを移植しました。

こだわってプーリーはアルテグラを移植。

正直言うと当時のアルテグラにはケージの長いタイプもあったのですが、当店のストックにはなかったもので……。

 

 

 

はい、できました「アルテグラXT」しっかり可動変速できました。オリジナルのアルテグラの長いケージバージョンより形に味があります。

せっかくなのでアルテグラの短い方のケージをXTに組み付けて「XTショートケージ」も作ったので二個一(One for two) でなく、入れ替え( replacement)になったのかもしれません。

 

 

コイツもいつか出番を待ってます。(上:ノーマル。下:ショートケージ)

面倒なこだわりもOld Newかと。

IMG_3580 続きを読む

ご縁

はい、縁あってHPをご覧になっていただいた方が、札幌市外よりわざわざお越しくださいました。

新しくカスタマーとなるK氏のバイク。……う~んいいですねぇ、BSM179、「ブリヂストン・モールトン179」でございます。イギリスの小型車「MINI」のサスペンション設計者である、アレックス・モールトン氏が開発したバイクの初代デザインを踏襲しブリヂストンと共同開発した17インチ小径スポーツ車。

…コーヒー飲みながらご相談。

K様BSM179

回転部の分解洗浄グリスアップがメインにはなりますが、BROOKSサドルをはじめとしたOld Newコンセプトの提案にご共感頂き、ポタリングバイクへのカスタマイズに踏み切られました。

ロードやMTBも所有するK氏。ゆっくりとお時間を頂きました。感謝です。

当店らしいバイクがまたやってきました。

 

こんなご縁もOld New !