Old New考

 

寒い日が続いておりますが、寒さに強い道産子は今日もバイクの事を考えてたり雪上ライドもしているわけで。

そんな中のひとりカスタマーN氏がなにやら古い丸石のリジットMTBフレームをどこからか探して来て「26erモンスタークロス」を作る目論見を立て、当店にて制作したのがこれ!! なかなか萌えます!!

モンスタークロスは定義としては、「フルリジット、700×40c以上、ドロップハンドル」ってところですが、アイスブルベ用に安定感をも重要視しこれを26インチ、しかも懐かしの90sMTBでやっちゃうセンスがN氏流。許可を得て本人画像↓(笑)。

 

ハンドルバーはお馴染み、sim works by nittoの「To Smile Bar」に8速のNewクラリスを投入。

カンチは当時そのままのシマノLXこれが妙に効くそうで…。

  

サドルは当店のテストサドル「BROOKS C17 CARVED」を使用中、新しいクラリスコンポにシマノDXペダルが似合います、そしてクロモリには「KING CAGE」をもちろん2個付。

タイヤは店主自作のスパイクタイヤ、マキシス330とシュワルベファストフレッドにネジ&ナット仕様の軽量スパイク。

 

なんて言っていたら、荷物が届きました。箱書きがいいね。開封!!

いらっしゃいませ、ということでソファーで休んでいただきました。(写真ぼけててごめんなさい)そう、なんという偶然、これぞモンスタークロスの申し子的フレーム、2018モデル「KONA SUTRA LTDフレームッセト」

¥75,000(+tax)

ヘッドバッチもがっちりとした中にフロント100の12スルー・リア142の12スルー仕様の細見クロモリリジット

700×50cをも吸い込みますまさにモンスタークロス系。当店では52cmサイズを入荷。

ちなみに完成車画像(¥229,000+tax)

どうせなら、フレーム単体に好きな色のクリスキングのヘッドを入れて、そこからの妄想なんていかがでしょう。

温故知新、輪廻、N氏にもKONAにも同じくらいリスペクトのOld Newでした。

 

 

 

 

 

1 For 2

当店の街乗りバイク用ペダルで「シルバンツーリング」と首位争いをしている、これまたMKS(三ヶ島)製のアーバンペダル「ラムダ」正統派のシルバーとクールなブラックがあります。

このペダル、実は軸の中心部分と踏む面が、4ミリの六角ねじで分解できるのですよ。で、早速カミさんが分解組み立てを担当。いわゆるに「2個1スペシャル」を作っちゃいました。

 

 

 

 

軸シルバー踏み面ブラック 仕様

 軸ブラック踏み面シルバー仕様 これで当店のラムダは4種類となりました。

シルバー:¥4,158(tax in)

ブラック:¥4,536(tax in)

2個1スペシャルは足して2で割って(笑)¥4,347(tax in)

大きな踏み面と吸盤上のグリップ、そしてデザイン性はファットバイクやマウンテンにもお勧めです。

何よりも個性的なプロダクツを追求するMKSにリスペクトなのです。Yes Old New.

 

 

 

 

 

Spring of this year is never forgot.

そう、インフルエンザ明けの初外出がこんなことになるなんて夢にも思わなかった。

とっても大切なヒトが空の星になりました。

 

「修 光 輪 音 居 士」なんて素敵な戒名でしょう。

90年代から……彼のショップ、そして彼から沢山のBIKE情報、ファッション、音楽、酒…etc

 

 

そして何よりも、「とてもさりげないんだけども深~い優しさ」を教えていただきました。同性として、その全てがカッコ良すぎて、いつもノックダウン&リスペクトでした。

 

P3170043これ、20年位前かな?マングース熱を語ってたら、マングース本社でもらったって言って「やる!」って突然くれたっけ。⇒

 

 

 

 

 

 

ショップ見せれずごめんなさい。生かされている私は今日から前に進みます。

取り扱いバイク増やしたよ「BRUNO」、明日辺り一気に入荷するからドキドキなんですよ、店舗ももう少ししたらできるからね。

 

昨日から天気良くて、気温も高くて空が青いんですよ、残ってる雪割りしながらガレージ開けて、ボディーカバー剥がして、今年初めてVWのエンジンかけたんですよ。

初めて会った時ワイン色のVWのtype4ファーストバックに乗ってましたよね。

 

Old Newにもたま~にあなたの「光」を照らしてください。

永遠の憧れ「SAM’S BIKE」 松浦 修様

「Old New」 代表 中村 トモオ